学校選びのポイント|将来に必ず役立つ医療事務講座を受けよう!

将来に必ず役立つ医療事務講座を受けよう!

勉強道具

学校選びのポイント

看護婦

カリキュラムと学費

看護師になるには4年制の大学を卒業する方法と、3年制の専門学校を卒業する方法があります。4年制の大学は専門科目以外にも一般教養科目が充実しています。看護以外のことも勉強できるのがポイントです。一方看護専門学校は、即戦力となるためのカリキュラムが組まれているという特徴があります。専門学校では実習の時間が非常に多く取られており、初年度から現場で学ぶことができます。そのため、できるだけ早く一人前の看護師として働きたい方に人気があります。また大学と比べると学費が安いのも魅力です。病院奨学金などを利用すれば、実質的に無料で学べる場合もあります。経済的余裕がない方でも、無理をせず看護師になれることがメリットです。

待遇と進路

専門学校を卒業した場合、大卒の看護師と比べると、初任給が1万円ほど低くなると言われています。また勤務先によって異なりますが、将来の昇進のスピードにも影響するとされているので注意が必要です。もっとも専門学校卒は、早くから実務経験を積むことができるというメリットがあります。看護師は実力や経験が物を言う世界ですから、一般的な事務系のサラリーマンほど学歴にこだわる必要はないでしょう。大学を卒業すると看護師以外にも、保健師や助産師の受験資格を得られます。もし看護師以外の職業に転職するつもりなら、大卒のほうが有利と言えます。将来大学へ進学したいなら、大学への編入学資格を取得できる専門学校を選ぶという方法もあります。

Copyright © 2016 将来に必ず役立つ医療事務講座を受けよう! All Rights Reserved.