義肢のエキスパートになる|将来に必ず役立つ医療事務講座を受けよう!

将来に必ず役立つ医療事務講座を受けよう!

勉強道具

義肢のエキスパートになる

男性

障がい者の生活をサポート

医療の世界は、さまざまな専門家の協力によって成り立っています。主役となる医師はもちろん、看護師・放射線技師・作業療法士、あるいは直接現場にはタッチしないものの医療機器や医薬品の製造者も欠かすことのできない存在です。義肢装具士もまた、こうしたエキスパートの1人です。義肢とは義手・義足・義指など、事故や傷病等で失われた肉体の一部を補完する装具です。義肢装具士はこうした義肢の製作・患者への適合・修理などを行うことで、障がいを持つ人々をサポートする職業です。基本的には医師の指示に基づいて工房等で作業を行いますが、フィッティングの際には自ら立ち会い、患者にアドバイスを行ったり精神的に支えたりすることもあります。

海外で活躍する人も

義肢装具士の資格は国家資格となっており、専門の養成施設で3年以上学習したのち、国家試験に合格することで得られます。養成施設は2016年現在で全国に11校あり、内訳は大学が4校、専門学校が7校となっています。専門学校には3年制と4年制の2種類があります。義肢装具士の就職先は、一般企業であるところの義肢メーカーが中心となります。大手メーカーでは分業化が進んでいますが、小規模な事業所では1人の義肢装具士が1つの義肢を採寸から成型、組立まですべて手がけるケースも珍しくありません。メーカー以外では、病院やリハビリセンターに就職することもあります。ユニークなところでは、海外の戦災者などをサポートするNPO法人などで活躍するケースもあります。社会的意義の高さから若者を中心に人気があります。

Copyright © 2016 将来に必ず役立つ医療事務講座を受けよう! All Rights Reserved.